できる限り早くお金を借りたい方は!

できる限り早くお金が欲しい!

何が何でも今日中にどうにかしてお金が欲しい。

このようなお金に困っている方は最短1時間融資も可能なプロミスがイチ押しです。プロミスならネット申し込みから即日融資も可能です。
貸付対象者は20歳以上~69歳以下までの方で安定収入のある方なら例外なしに申し込むことが出来ます。

金利は年4.5%~年17.8%で利用限度額は500万円!

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息サービスが使える!

正社員はもちろんパート・派遣社員・アルバイト(学生、主婦)でも利用可能です。(安定した収入が必要となります。)

【お申込みはこちら】

日本全国に店舗網を持つプロミスは、即日キャッシングを受け付けていますし、数多くの消費者金融系の金融機関などをチェックしてみても、スピーディーな融資が可能なサービスが伸びているというのが最近の流れです。

どんなローンを組むにしても、もし他社で資金を借りている状態なら、フリーキャッシングという形での借入金額は少なくなることは想定されるでしょうね。

ネット申し込み

プロミスのお申込みはネット上で終えることができますから、一度も店舗窓口に出向く必要が無いですし、申込みから全ての工程が終わるまで面識のある人と鉢合わせることもなく契約まで済ますことが可能なので重宝します。

「審査のハードルが低いキャッシング会社も見つけられる。」と小耳にはさんだことも確かに有りましたが、現在では法規制も進んできたということで、審査で振り落される人も増えたのです。

他社のキャッシングをお願いしたいと言っても、お金を融通してもらうという点ではプロミスと一緒ですので、審査にパスしなければ一歩も前に進めないということを認識しておくことが大事ですね。

実はプロミスの無人契約機を使うと、申込は無論のことですが、お金を引き出すまでに必要な操作全部をそこで完了することができます。それに加えてカードもプロミスの無人契約機で作られ提供されるので、以後は24時間365日貸し付けを受けることができるわけです。

近頃では、銀行がグループ化している大きな消費者金融会社以外にも、諸々のサービスが、キャッシングに関しまして無利息サービスを実施するようになりました。

わざわざ店舗に行かなくても今は大丈夫!

即日融資を申込むに際しても、ご自身でわざわざ店舗に訪問することは、今では不要となっています。インターネットを介して利用申込をすることが出来て、出す書類も、ネットを通じてメール添付などすれば、それで完結できるのです。

プロミス審査時間

平日14時までにプロミスの審査が完了すると、同日午後には融資されたお金が入金される流れがプロミスの特徴です。現金の持ち合わせが全然ないという時でも、プロミスのネット申し込みを活用すれば何とか凌げます。

金利の利率が低いカードローンは、まとまった金額を借り入れたい時や、長期にわたり借りる必要がある時には、月毎の返済額を随分抑制することができるので非常に便利です。

インターネットに接続した環境とパソコン、プラス携帯電話とかスマホの用意があれば、時間を掛けてプロミスの店舗まで行くことなくキャッシングは可能なのです。それどころか、プロミスの自動契約機を利用することなく、銀行振り込が最短10分で対応可能です。

しっかり計画してその通り暮らしているつもりでも、給料日が近づくころには予想外に金欠になりがちです。そのような危機的状況に備え、スピーディーにお金を入手する方法がプロミスのメリットという訳です。

古くからあるプロミスは、安心して使える即日キャッシングサービスだと言えます。審査もあっという間で最短30分、借入額決定までに費やす時間が最短1時間というのは、大急ぎで現金を手にしたい人には相当喜ばしいサービスだと言って間違いないでしょう。

今すぐキャッシングするコツは?

今すぐ借りるコツ

原則として、プロミスでその日の内にキャッシングするには「平日14時まで」に契約完了しておくというのが条件ということになります。
土曜・日曜・祝祭日は銀行が休日になってしまうため、振込を考えると平日(月曜日~金曜日)に忘れず申し込むことに注意しましょう。

もちろんですが、審査に通らないとキャッシングはお断りされます!

一刻でも早くキャッシングして貰いたいからといいましても、プロミスの審査で落とされると資金を借り入れることは出来ません。
やっぱり、安定収入がありませんと審査にパスするのは困難だと思います。

分かりやすく言えば、「返済能力が欠けている」とみなされてしまいますので、プロミスであってもかなりシビアに判断されます。

担保も保証もない状態で貸し付けるというわけなので、申込者の人柄を信用するしかありません。現段階での他社での借入金がそれほど多くなくて真面目な方が、審査に通過しやすいと言えるのではないでしょうか。

これ以外に、一回でも支払を遅延してしまったという経験をしたことがある人は、その事がプロミスの審査で問題になると思ったほうがいいでしょう。

今すぐ借りたいと言う方は、確実に返せる額だけ借りることをおすすめします。

ネット申込と最寄りのプロミスを使って最速でキャッシング

プロミス最速キャッシング

プロミスから最速でキャッシングしたい場合にいち押しなのが、ネット申込しと店舗・自動契約機をミックスさせた方法です。

1つの例として、プロミスにスマホ・パソコンから事前にweb上で申込をやっておき、最寄りの店舗・自動契約機から契約を済ませ、カードを直接あなたが受け入れをしてしまうのが最速でキャッシングする方法です。

店舗・自動契約機へ足を運ばすに、web申込みオンリーで済まそうとしてしまうと、お金を借りるのに必要なプロミスカードが送られて来るまでに時間が掛かってしまうから、契約とカード受け取りだけは直接行うことで、すぐにお金が引き出せるするということなのです。

どうしても今すぐ融資したいという方は、できるだけこの方法でプロミスの申込み~契約をしてみてください。

【お申込みはこちら】

14時までに間に合わなかったら、今すぐ借りれない?

間に合わない場合

万が一、14時までにプロミスとの契約が間に合わなかったらという方でも、間に合う場合があります!こちらをお読みください。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方

14時までに間に合わなくても、22時までに契約が完了できれば24時間最短10秒で三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座に瞬時で振込(瞬フリ)が可能です。(平日・休日深夜でもOKです。)

その他の銀行口座を持っている方

平日9時~14時50分の間に受付完了ができていれば瞬フリが可能です。(その他の時間帯では翌営業日9時30分頃の対応となります。)

直接、自動契約コーナーで契約する

先ほども申し上げましたがプロミス自動契約コーナーの営業時間内(全日22時まで)に契約し、カードを受け取ればプロミスATMはもちろん提携銀行・コンビニなどのATMから融資できます。
プロミスまで行ってから申込みを始めると時間がかかるので、休憩時間などにネット申込を行っておくと契約までがスムーズです。

【お申込みはこちら】

ページの先頭へ